リフレクトアート株式会社

手描き
プロジェクト

ひとつだけの アートと暮らす

飾るのではなく、使う。

アートは好きだけど、うまく飾ることができないし、
自分の部屋には似合わない。
そう難しく思われがちですが、
自分が日常で使うアイテムに本物のアートを乗せれば、
アートがぐっと身近に。

自分だけの、1点もののアートとの暮らしをお楽しみください。

Missionプロジェクトの意義

  • 1.
    好きなアート作品を、いつも手元に。

    「もっとアートを身近に感じてもらいたい」を目的とし、日常使いできるアイテム・雑貨にアート作品を合わせました。
    使用するアートはもちろん、アーティストがひとつずつ手描きで制作した1点ものの本物のアートです。
    印刷では出せない絵の具の立体感や質感を感じられる、他の誰とも被らない、あなただけのアートをお届けします。
  • 2.
    若手アーティストを知るきっかけに。

    このプロジェクトは、幼い頃から芸術・美術を学んできた若手アーティストも参加しています。
    作品を販売する場がなかなか作れない、一般的に名前を知られる機会がない若手アーティストが多い現状の中、ここで紹介する作品をきっかけに名前を知り、手に取っていただけることを願って活動します。

Newsお知らせ

Itemsひとつずつ手描きしたオリジナルアイテム

  • メッセージカード

    大きな紙に描いた絵をカットして作られた、世界に一枚のメッセージカード。
    全ての工程を手作業で制作しています。
    大切な人への贈り物に。

  • ノート

    表紙を手描きで制作した1点もののノート。使用した後はお部屋に飾って楽しんでください。すべて1点ものです。

  • ポーチ

    印刷ではなく手描きの柄の1点もののポーチ。絵具のノリや色彩、立体感をお楽しみください。

  • カードケース

    手描きの柄のカードケース。実際に絵画で使用するキャンバス布で作られています。

  • ブックカバー

    手描きの柄の、世界に一つのブックカバー。お気に入りの本を、お気に入りの柄で包んでください。

  • ペンケース

    手描きの柄のペンケース。実際に絵画で使用するキャンバス布で作られています。すべて1点ものです。

  • バッグ

    印刷ではなく手描きの柄の1点もののバッグ。

Select Artists参加アーティストのご紹介

  • 鈴木 真里奈
    01.

    鈴木 真里奈 
    Marina Suzuki

    1988年 東京都豊島区 生まれ。桑沢デザイン研究所 卒業。
    卒業後はギャラリーショップに勤務し美術作品の展示・販売をする傍、絵画制作・イラストレーション・T V放送用のグラフィックデザインなども行う。
    2020 年 ライフスタイル雑貨ブランド marina suzuki をスタート。
    ゴッホ展・浮世絵展などの美術展にて自身のドローイングを活かしたオリジナル商品を制作。
    www.marina-suzuki.com

  • 伊藤 久美子
    02.

    伊藤 久美子 
    Kumiko Ito

    東京都生まれ
    2004年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画技法・材料研究分野修了。記憶や感覚をテーマに、薄く色づいた色層を何層も重ねて、見る時々で変化する絵画作品を制作。
    2004年個展(ぎゃるりじん/横浜)以降、国内を中心に個展、グループ展に参加。作家活動と並行して、東京藝大構内のギャラリーショップ藝大アートプラザの展覧会企画・運営に携わる。

  • 佐々木 怜央
    03.

    佐々木 怜央 
    Leo Sasaki

    1990年青森県生まれ
    2014年東京藝術大学大学院修了
    2012年New Glass Review33選出、NY·アメリカ
    2014年Stanislav Libensky Award入選、プラハ・チェコ共和国2018年アートフェア東京出展(同2019年)
    弘前市立百石町展示館にて個展「from my childhood」青森県弘前市2019年ギャラリー広田美術にて個展「空想と現実」東京都中央区
    やんばるアートフェスティバルにて「雪の精霊と花の唄」沖縄県大宜味村
    2020年ラトビア芸術アカデミーにて講師、個展「from Riga food market」リガ・ラトビア共和国